中学受験の算数で合格率をアップ!

公立中学の一般的な教育ではなく、高校進学の際に志望校の幅が広がるように、中学時代こそ特別な質の高い教育を受けさせてあげたい、と考える保護者が多くなっています。少子化の時代を迎え子供の数が少なくなっている現代ですが、高校、大学受験が楽になったわけではありません。将来の受験に備えて小学校時代からしっかり、その先を見据えた学習を行っていくことが求められます。

中学受験は高校などの受験とは違い、広く一般的に知られていません。首都圏などでは中学受験を行う学校が多くなっており中学受験の対策を考えるご家庭も多くなっていますが、地方では中学受験を行う学校そのものが少ない状態なので、中学受験そのものの広がりが少ないという地域性もあります。

中学受験の合格率をあげる事

中学受験は私立中学や最近多くなってきている公立中高一貫教育などの学校で行われます。中学受験の場合、入試テストの結果が合否判定の主軸となるため、入試テストに向けて計画的なスケジュールを組み特化した勉強を行っていくことが重要です。特に算数は、どの学校も合否判定の中心となるべき科目としてとらえていますので、算数の点数如何によっては、合否が決定してしまうといわれているほどです。

つまり、中学受験は算数の点数をしっかりあげておく必要があり中学受験は算数の点数の成績を向上させておくことが、中学受験の合格率をあげる事にもつながるのです。こうしたことも踏まえて中学受験についてどう対応していくか、その対応の仕方によって中学受験成功が見えてきます。