中学受験の算数を理解する

中学受験の算数は、非常に難解な問題が出題されるという事を、保護者の皆様はご理解いただいているでしょうか。中学受験の入試で行う算数のテストは、もちろん、小学生が小学校の授業で習う内容になっていると思う方がほとんどです。でも実際に私立中学や中高一貫教育で出題されている算数のテストを見ると驚くばかりです。

解き方については、当然小学校の児童がチャレンジする受験ですから、小学生の解き方で解く問題ですが、内容を見ると、中学の数学で解いていくような内容です。公式に当てはめて解けば問題なく解ける算数ですが、小学生が公式などを知ることなく解くにしては、非常に難解で、問題に対する理解力も必要という事がわかります。中学受験の算数の問題を見て、これはかなり厄介だと感じる保護者の方が多いのです。

小学生に対する問題だからと侮るなかれ!!中学受験は、私立中学など教育方針がしっかり定まった質の高い教育を受けるための学力があるかどうかを判定する受験です。難関中学合格率を見てもわかるように、かなり難しいと考えておくべきです。そのため、特に各学校が重点と位置付けている算数については、中学受験に適したレベルの高い教育を、できれば、低学年から受けておくことが重要となるのです。