出題傾向を知る事が重要

首都圏、京阪神に多いといわれる中学受験を行う中学ですが、最近は国立中学や県立中高一貫教育など、中学受験を行う国公立系の学校も多くなってきています。以前は首都圏の私立中学、京阪神の私立中学が受験が必要な学校として知られていましたが、現在は国公立大学進学率が非常に高い国立中学や中高一貫教育校に注目が集まっています。

様々な中学が中学受験に名乗りを上げ、特化した教育、また教育方針をしっかり持った魅力的な教育を提供しています。保護者から見て、非常に高い志で教育に挑む学校も多く、確かに中学受験という難関を潜り抜けてでも、入学させてあげたいと思う気持ちが理解できます。

様々な学校があるという事は、様々な学校独自の入試問題があるという事です。この学校でこういう問題が出題されるから、こっちの学校でもそうだろう、という事が通用しません。志望する学校の入試問題に沿った学習が必要となりますし、志望する学校の受験情報の入手が必須です。

科目の中でも重点が置かれている算数は、どの学校の入試でも点数を高くとっておくことが求められますが、志望する中学の算数についての出題傾向を知り、その傾向に沿った質の高い学習を行っていくことが求められます。情報の収集、またその受験のための教育をどこで行っていくのか、これは親御さんのサポートが必要な事項です。