小学校の算数、中学校の数学

保育園、幼稚園から小学校へ、小学校から中学校へ、そして高校進学へ、お子さんの成長は保護者にとって楽しみであり、また年齢が上がっていくにつれ勉強に対する心配も多くなっていきます。

小学校では小学校の勉強、中学校では中学校の勉強、確かにそうなのですが、これは独立しているのではなく全部がつながっています。小学校の勉強ができなければ、中学の勉強はわからなくなるし、中学の勉強ができないと高校の勉強についていけません。

独立していない各年代の勉強ですが、独立させて考えなければならないのが算数です。小学校の算数は小学校の算数の解き方がありますので、中学校の解き方で中学受験に挑むのは子供に難しすぎてお勧めできません。したがって小学校の算数は、小学校の解き方を指導できる塾、家庭教師が行うべきもので、中学受験の算数の指導経験がない人や、中学受験の経験がない人が大人の知識の中で小学生に中学受験のための算数を指導する事は出来ない、いや、止めておく方がいいのです。

小学生がその知識を総動員して問題を解いていく、その中学受験の指導ができる塾や家庭教師を選び、受験算数をよく理解する事が受験合格の秘訣となります。保護者がいくら数学が得意でも、教え方が違う、問題の解き方が違うという事を考慮し、専門指導者の指導を受けさせることを考えてください。