計算のスピードアップを

中学受験も最近多くの学校が参入するようになり、算数の出題傾向は大方二つの型に分ける事ができます。一つはスピードを重視した多数の計算問題が多い入試、一つは想像力を働かせて解いていく難問が多い入試です。少し前までは超難関中学の多くが、入試に難問を出題する傾向にあったのですが、実は最近、計算スピードの重視、また計算の正確性を重視する学校が多くなっています。

難しい問題は、中学に入ってからも勉強しますし、さらに難しい問題を自分の応用力で打開していく訓練も中学で行うでしょう。でも計算能力、スピード、正確性については中学で学ぶものではなく、小学校の算数の基礎段階で身に着けていくものです。何度も繰り返し計算を行い、早く正確に計算を解く練習を繰り返していくこと、この部分を重視する学校が多くなってきているのです。

このスピードと正確性を身に着けるためには、やはり過去出題された計算問題の繰り返し練習、反復や、時間を区切って本当のテストのように計算を解く練習などが必要です。各進学塾では志望校によってですが、計算の正確性とスピードアップを狙う授業を多数組んでいます。いまいち計算がのろい、正確性がないというお子さんは、進学塾の模試や計算テストなどにチャレンジし正確性とスピードを向上させておくといいでしょう。