低学年から取り組む算数

中学受験の算数はとても難しい、これは、中学受験を控えた多くのお子さんが感じていることですし、保護者の皆さんも算数が中学受験の肝となる事を知っておいてほしいのですが、その算数を攻略するためには何が必要かというと、低学年から算数に取り組むことです。

小学校低学年ではそれほど難しい算数の勉強はありません。でも、低学年から徐々に学年が上がっていくと、少しずつ難しくなっていきます。小学校の教科書通り、授業でも段階を踏んで難しくなっていくのですが、中学受験の算数はその上の段階の算数となるため、低学年児で算数の勉強に躓いている場合ではないのです。

躓いたことに気が付かないと、算数が分らないままに学年が上がっていきます。するとお子さんは、どの段階からできないのかわからず、家庭教師や塾を利用するとしても、この子が分らなくなったのはどの段階からかな?という事を探る作業からはじめなくてはなりません。

中学受験を考えていくのなら、こうした状態になる前に、低学年の時に理解しなければならないことを理解させておくことが必須となります。低学年ならまだまだ取り返しがつく状態です。いくらでもやり直しがききます。出来るだけ低い年代で算数の「わからない」をなくし、高学年になったら中学受験のための算数教育を受ける事ができるようにしておきましょう。