苦手になってはいけない

大人もそうですが、苦手な事は頑張る事ができません。好きな事、得意なことは頑張ろうという気持ちになれますが、苦手なことに関しては頑張ろうという気持ちすら起こらず、後回しにしがちです。

中学受験で各学校が重点としている算数は、好き嫌いが激しい科目といえます。得意な子は計算が好きで算数の授業も頑張ります。わからないことがあってもあきらめず解こうとするので、算数の考える力もついていきますし、どう解けばいいか想像力も養われます。

算数が嫌いなお子さんはどこをどう考えればいいのかわからないので、手を付けるのも嫌になり次第に離れてしまうのです。嫌いという観念ができてしまうと教科書を見るでもなく問題を解くでもなく、算数そのものが嫌悪の対象となってしまうので困りものです。

小学生でも低学年や中学年の年代はそれほど難解ではなく、最初からやり直すこともできる期間です。算数が嫌いというお子さんでも、家庭教師などお子さんにあった指導者が指導すれば、算数を苦手にならず、好きな科目に持っていくことができます。まずは算数でもどの教科でもしっかり基礎からやっていけば理解できるという事をお子さんに教えるために、基礎学習を丁寧に指導してくれる塾や家庭教師を探し相談してみましょう。