独学では無理といわれる理由

中学受験で難しいといわれる算数ですが、稀に、小学校の授業、自学だけで難関中学に合格してしまう強者が登場します。でもこれは稀な事です。授業の内容をその時間で理解するばかりではなく、最終的にこういう事を理解させるためにこの問題を解いているのだなと瞬間的に判断できる天才脳というものを持っているお子さんもいます。でもこれは本当に稀な事、誰もがなしえる事ではありません。

中学受験の算数は小学校の学習だけで成り立っていません。問題の解き方は小学校の算数で習う事でも、問題の出し方、複雑さ、難解さは、大人が問題を読んでもこれが小学生の入試問題かと思うほどです。深い理解力、問題の意図を読む想像力、さらに計算を正確にスピーディに行う力が必要となるため、小学校での勉強の予習復習をしているだけでは足りません。

計算問題については自学でも正確にスピーディに解く訓練ができますし、繰り返し練習を行う事で力を付ける事ができますが、難解な応用問題についてはその解き方をじっくり、中学受験の指導に精通した指導者から教育を受ける事が大切です。現代の小学校の算数の解き方、これをしっかり身に着けることで、算数の入試対策となります。

独学が絶対にいけないという事はありませんが、勉強の方向性がずれてしまうと中学受験のための学習も意味が無くなってしまいます。サポートしてくれる専門家を得ることは中学受験にとって必須といわざるを得ないのです。