積み重ねが算数学習のポイント

毎日同じような事をしていると飽きてしまう・・・これは大人も子供も同じです。塾や家庭教師に中学受験の算数の指導をお願いすると、優秀な指導者ほど、子供を飽きさせずうまく誘導するスケジュールを組み、中学受験の算数に必要な能力を少しずつつけてくれます。

ただこうした専門家でも、全くこれまで中学受験の勉強をしてこなかった、ごく普通の成績の子に、6年生の秋くらいから中学受験に合格するだけの力を付けろというのは難しいです。絶対に無理という事はないにしても、合格する確率を少しだけでもあげる学習になってしまいます。

算数は積み重ねの教科です。簡単な計算ができるようになって、徐々にその計算を自分の頭の中で違う問題を解くときに利用できるようになる、こうした教科です。小学校1年生の算数では単純な足し算でも次第に足して引く、という計算が出来るようになっていきます。リンゴが1個、また2個もらって友達に1個あげた、こうした問題も頭の中で1+2-1という数式を作る事ができるようになっていくのです。

単純な計算から複雑な計算へ、そこからさらに深く考えいくつもの計算を駆使して解く問題の攻略へつながっていくのが算数です。積み重ねの教育をいかに子供が飽きることなく出来るのか、算数は工夫が必要な教科です。