中学受験の算数は学校ごとに違う

質の高い教育を中学のうちからしっかり受け、高校受験や大学受験の際に困る事がないようにと願うのは、親として当然のことです。まして小学生という年代ですから、親がある程度のレールを敷き子供が自立する年代に後悔する事がないような教育が必要です。

中学受験を考える保護者が多くなっている背景には、私立中学や中高一貫教育の独自の教育に魅力を感じている方が多いからでしょう。教育指針がしっかりあり、先生も学校に関わる全ての人たちがその教育指針を心に指導を行う一貫性、公立中学にはない指導力は確かに魅力があります。志が高い公立中学なら、非常に魅力的な教育を学校全体で行っていますが、こうした公立中学が全国各地にあるわけもなく、やはり、魅力ある質の高い教育は、私立中学など特化した教育を独自に行う中学に魅力を感じるわけです。

独自の教育ですから、当然入試についてもその学校の教育目標に合わせた独自のものです。特に算数は、どの学校でも力を入れている重点科目なので、難関校ほど難しい入試問題が課されますし、応用力や想像力、また正確性など、学校によって配点についてのポイントにも違いがあります。

中学受験の算数こそ、各学校によって内容も問題も違ってきますので、中学受験の専門家による教育が必要とされています。最近は中学受験に特化した個別指導塾、家庭教師派遣なども多くなってきていますので、こうしたところを利用しお子さんの中学受験に備えていきましょう。