得意科目ならその先の勉強を

中学受験を目指し勉強を続けていると、自分の得意科目が出てきます。算数だったり、国語だったり、お子さんによって得意科目に違いがありますが、得意ということに満足せず、もっと得意になるためにその上の勉強をしていくことが求められます。

中学受験では大学受験同様、1点が合否の分かれ目になる事があります。同じ点数だった場合、面接や通知表などほかの要素で合否を決定していくことになりますが、1点にこだわった勉強をしておけば、面接に自信がない子でも、通知表の成績が振るわなかった子でも、学力テストで1点でも多くとることができるでしょう。これは中学受験にとって有利になります。

志望する中学にもよりますが、算数なら計算問題を正確に解いて、計算問題では間違いなく点数が取れる状態にしておく、応用問題を解く力があるお子さんは点数のとれる応用問題について、しっかり解けるように何度も繰り返し練習を怠らないようにするなど、過信せずにその得意分野を磨く努力をしましょう。

中学受験は難しいといわれますが、必死に勉強したことは必ず自分の知識となっていくはずです。得意分野は自信を持って取り組める科目なので、もっともっと正確に、しっかり問題を解けるように訓練しておきましょう。