小学生だからこそ難しい

幼稚舎や小学校などに向けてのお受験に燃えている保護者の方も多いです。多くの保護者が、まだ自意識がはっきりしていない年齢、親の言うことが全ての状態の年齢でお受験をさせることで、その先、中学や高校、大学の受験時に困らない状態にしてあげたいという気持ちを持って、幼稚舎、小学校などのお受験をさせています。

中学から高校に行く前の中学受験についても小学生の段階なので、言い聞かせが効き、親の言うことを聞いて親のレールに乗ってくれる子が多いといいますが、中には一筋縄でいかないお子さんもいます。特に、小学校で算数が嫌いになってしまったり不得意というお子さんは、中学受験の難解な算数の問題を解くことに嫌気がさして、中学受験なんかしたくないという気持ちになってしまうことも多いです。

小学生で反抗期を迎えるお子さんも多く、男の子などはお母さんの話を聞かなくなったり、親と話をするのを嫌がったりするお子さんも出てきます。思春期の入り口にあたるのも、小学校高学年です。この年代にうまく中学受験までの学習をさせるためには、やはり、お子さんの性格に合った指導方法を選ぶことが重要でしょう。

例えば、学生の家庭教師で年齢がある程度近く、お子さんの憧れになるような家庭教師、将来、勉強していくことの大切さをしっかり説いてくれるような個別指導塾などを選択する必要があるでしょう。