黙読で理解できる力を養う

小学校でも中学校でも記憶させる力の強い音読は推奨されています。小学校の宿題では、国語の音読何回・・という形で宿題が出されます。文章や言葉を口に出し、音にすることで耳からも記憶するという合理的な方法です。ただ音読も重要ですが、音読ばかりではなく黙読を訓練するということも必要です。

声に出して問題を読んで音読として理解する癖がついていると、テストのとき困ります。入試は音読で問題を読むなどできませんので、黙読に慣れていないと問題を理解する力が発揮できず、入試という緊張感もあって、いつもわかる問題がわからないということもあるのです。そのため、算数の問題、国語の暗記なども、黙読する練習もしておくと安心です。

普段から声に出して問題を読んでいると、音にして耳から問題を入れないと問題が解けなくなるお子さんも多いので、黙って目で字を追って問題を理解する力を養います。繰り返し黙読を行い問題が理解できたら解きにかかる、こうした訓練を行っておくことも、中学受験の算数対策になります。

難しい応用問題が多い中学受験の算数は問題の理解力がなければ解くことができない問題も多いです。黙読でしっかり問題の意味をつかみ、冷静に設問を解くことができるように頑張りましょう。