夏休みは特別講習へ

高校受験では夏期講習や冬期講習など長期休暇の勉強が受験のカギといわれます。中学受験も同じです。夏休み、冬休みなどの特別講習など積極的に参加し、集中して様々なことを勉強していくことが重要です。

中学受験に特化した塾、家庭教師が多くなっていますが、特に進学塾では中学受験に特化した指導が行われています。中学受験にチャレンジするお子さんが多くなっていますので、難解といわれる中学受験を攻略するために、塾の指導者も中学受験のノウハウ、情報をしっかり取り入れ専門的な指導を行っているのです。

特に算数についてはレベルの高い問題が出題されることがわかっていますし、学校ごとに問題の傾向に違いがあることがわかっているので、小学校6年生の夏休みには志望校を決め、その学校の出題傾向に合わせた算数の学習が必要となります。その指導を徹底して受けるチャンスが、塾の夏期講習や冬期講習です。

夏期講習では苦手科目などの集中指導を受け、苦手科目でできる限り点数をあげる勉強を行うお子さんもいますし、冬期講習では入試間近ということで、過去問の繰り返し練習など、専門的指導者の指導を受けることができます。

小学校最後の夏休みですから、お子さんも遊びたいと思いますが、夏は特に成績、実力をあげる大切な時間となります。保護者の皆さんもともに頑張っていきましょう。