6年生は忙しいけれど・・・

中学受験を控える保護者の方に聞くと、小学校最高学年となる6年生は、特に行事が多くて勉強に身が入らないなんて愚痴を聞くことがあります。小学校のイベントとしては運動会に音楽会、遠足などがありますが、小学校最終学年となるため運動会もリーダーとして忙しく、音楽会も6年生として優勝したいという気持ちで練習を頑張るなど、勉強を頑張ってほしい時期に気がそれるようなイベントがあり、心配な気持ちにもなるでしょう。

中学受験で特に算数が難しいといわれる学校を受ける場合、運動会どころではない!!なんて思う保護者も多いと思いますが、お子さんの気持ちを中学受験にしっかり向けるためにも、運動会などの学校行事には精一杯取り組ませてあげてください。

塾や家庭教師をさぼれ、と言っているのではなく、そのほかの時間で運動会の準備や練習などクラスで必要なことがあるのなら、それをやめてまで自学しろとは言わないでほしいのです。親がこうしたことに口を出すと、子供はやる気を一気に失います。塾、家庭教師など勉強のことについてしっかりやってくれるのなら、運動会や音楽会の練習など精一杯がんばりなさい、お母さんも応援するから!と応援してあげてください。

親が自分のことを理解してくれている、と思えば、運動会が終わったら自学も必死に頑張ろうという気持ちになるはずです。