家族の協力が何より大切

今の小学校の算数は解き方もわからないし、中学受験の算数については、親が教えない方がいいといわれるし、保護者としてなにもできないわと考える保護者もいます。逆に、家庭教師や塾など専門家に任せているのだから、親は何もしなくてもいでしょと、お子さんがやっていることに無関心という親もいます。

中学受験の算数は確かに難しく、専門家の指導が必要ということも多いでしょう。でも親が何もできないということはないのです。時間内に計算問題を終わらせるという練習なら時間を計るというお手伝いができますし、塾の送り迎えをしっかり行うことも重要です。お子さんがどのような勉強をしているのかという内容は理解していなくても、中学受験のために必死に勉強を頑張っているということを理解できる親御さんであってほしいのです。

お子さんは親が自分に無関心であれば、そのことに気が付きます。僕がこんなに頑張っているのにお母さんはまるで関心がない、お父さんは勉強しろってばかりいうけど、僕が頑張っている姿なんて見ていないじゃないか、と考えるようになります。

保護者が自分のことを理解してくれていて、いつもわかってくれていると思えば、お子さんは算数の難しい問題だろうが、国語の四文字熟語の記憶だろうが、必死に頑張ろうと思えるのです。家族の協力は見守る事以外に理解してあげることも大切です。